〒930-0412 富山県中新川郡上市町広野3132

TEL: 076-472-0192 FAX: 076-472-0164

経営方針

経営理念

人の和 心 感謝
経営理念

経営基本方針

人の和を基本に明るく働きがいのある職場づくりに努め、お客様に喜ばれる価値ある製品の提供を通して、社会に貢献し会社の信用を高め、永続的な繁栄と社員の幸福をはかる。

統合方針(品質・環境)

株式会社内山精工は、品質および環境の両面を統合的に推進するために、統合マネジメントシステムを構築し、目的目標を定め必要に応じて見直し、継続的改善を行う。

  1. 品質
    品質至上に徹し、お客様に喜ばれる価値ある製品の提供を通し、顧客満足度および生産性の向上を図る。
  2. 環境
    地球に優しい環境作りに勤め、自然との調和を図る。
    • 当社の事業活動に関連する法規制および、その他の要求事項を明確にし、それを遵守する。
    • 環境の汚染を予防し環境負荷低減を図るため、資源の節約とその有効活用を推進する。

経営哲学 十ヶ条

一, 常に笑顔で人に接せよ

微笑みは心の言葉、に勝る化粧なし


二, 物を粗末にする勿れ

物を粗末にすることは自分身だ。すべての物には魂が宿っている。感謝の心を忘れるな。必ず思いが通じ合うもの。


三, おら我おらの、我を捨てよ

人は常に謙虚で感謝の心を忘れるな。そうすれば素直になれるし、自然に人の和が保たれる。


四, 自然の理に反する勿れ

病むは血が濁るから。血が濁るのは”自然の理”すなわち、自然の法則に反する行いをしているからだ。
身も心も常に健康であるためには、先祖や親を敬うべし。


五, 互いに言葉の交流を大切にせよ

積極的に話しかけ、また相手の話に耳を傾け、相手の立場を理解し心を通わすことにより、人の和ができる。


六, 損して得せよ。儲けすぎるな

お客様に喜んでもらうことで自分もうれしくなれば、徳を積んだことになる。ストレスをためずに健康で働くことができれば、きっと良いことが巡ってくるもの。何事も、”過ぎる”は災いの元。


七, あればあり。あればあり

悪い時があれば必ず良い時がある。これは”自然の理”すなわち、変化の法則なのだ。
人のせでも何のせいでもない。その時々をどういっぱい精いっぱい努力するかである。
常に先を見て、今何をすべきかをよく考え改善していくこと。
その積み重ねが大事なのだ。


八, 人生にを持て

どんな小さなことでも、こうしたい、ああしたい、こうなりたい、ああなりたいと熱い思いを持ち続けること。
そうすればおのずと目標が明確になり、実現に向けて行動が伴うもの。


九, 企業はなり

どんなに世の中が進歩し設備が近代化しても、それを動かし管理するのはやはり人なのである。働く人の潜在能力を十分に発揮できる環境づくりこそ、人材を”人財”にすることになる。
人を大切にせよ、人を失うことは財産を失うことになる。


十, 会社の歴史は信用なり

長い歴史の中に、好・不況の波は幾度となくあったけれど、皆が一丸となって乗り切って今日に至っていることは、会社の社員と皆さんの絆の強さの表れである。これは金融機関や地域社会からも信用され、信用につながるものだ。

響働スローガン

響働スローガン
響働スローガン

改善活動スローガン

ものづくりの原点にたちかえり“知恵と情熱”でSTAR運動(みんな星のように輝こう)を展開しよう!

STAR運動とは
S:See よく観察しよう
T:Think よく考えよう
A:Act すぐに行動しよう
R:Refresh お互いに元気づけよう

ロゴマーク

ロゴマーク

現在のロゴマークが使われるようになったのは、商号を株式会社に変更した昭和55年からです。
人が支え合うように大の字になって、手をとりあって輪(和)になる姿が、社訓である「人の和」を表しています。また、そこで働く人が大きく育つという願いも込められています。考案当初のカラーは黒でしたが、現在の場所に新築移転してから緑になりました。
明るく働きやすい職場づくりに欠かせない「人の和」を、これからも築いていきたい。そんな思いから生まれたロゴマークです。