会社案内

変革を恐れることなく、あくなきチャレンジ精神で、未来へ

緑が育む“若さ”と“成長”と“調和”の企業。たゆまぬ改善意欲と高度な生産技術で創造性豊かな製造業を目指しています。
当社は自然の緑の中に有ります。私達はこの緑が大好きです。それは緑から“若さ”と“成長”と“調和”を感じるからです。
当社もそうありたいと思っています。即ち会社もそこに働く社員も一緒に調和のとれた成長をし、みんなが幸せになれるように努力を惜しまない。これが経営の理念なのです。
当社のように小規模の会社では「人の和」が不可欠です。「人の和」を作る為には、自分の意見を明確に主張する事と、相手の意見を謙虚に受け止める事の、両方が大切だと思います。活気に溢れた「人の和」でなければ会社の活力にはなりません。お互いに尊重しあえる社風づくりに、当社は努めております。
明るく働きがいのある職場で人材の育成と、たゆまぬ技術の向上をめざしお客様に喜ばれる価値ある製品の提供を通して、社会に貢献し社会の信用を高め永続的な繁栄と社員の幸福を図って行きます。
会社正面
      会社正面
精神碑
       精神碑
取締役会長 内山康弘
  取締役会長 内山康弘

会社概要

社名 株式会社 内山精工
代表 内山彰博
役員 取締役会長 内山康弘
常務取締役 内山典子
所在地 〒930-0412
富山県中新川郡上市町広野3132
TEL 076-472-0192
FAX 076-472-0164
URL http://www.uchis.co.jp
E-MAIL info@uchis.co.jp
営業品目 ・軸受部品 
・自動車部品 
・油圧機器部品
・刻印台金製作 
 などの機械加工
資本金 1,000万円
設立年月日 昭和55年4月
従業員 56名(男子44名、女子12名) 
主要取引先 株式会社不二越 
田中精密工業株式会社 
株式会社日下歯車製作所 
その他 
取引先銀行 商工中金富山支店 
北陸銀行上市支店 
富山第一銀行上市支店 

沿革

昭和 6年 (1931) 内山鉄工所として創業。(上市町新町21番地)
農機具など一般機械器具の製作修理をはじめた。
昭和23年 (1948) 上市町新町1番地に移転。もちつき機、冷凍機などの設計製作を開始。
昭和26年 (1951) 株式会社不二越の協力工場として軸受用レースの旋削を開始。
昭和31年 (1956) 株式会社不二越の協力指定工場となる。
昭和34年 (1959) 上市町若杉39番地に移転。新工場で本格的に軸受用レースの旋削にあたる。
昭和45年 (1970) 自動定寸単能機を2台設置、合理化を図る。
昭和50年 (1975) NC旋盤1号機を設置。
昭和52年 (1977) 株式会社不二越の油圧機器部品の製造開始。
昭和53年 (1978) 田中精密工業株式会社の協力工場となり、自動車部品の加工開始。
昭和55年 (1980) 株式会社内山精工を設立。(資本金500万円)
昭和56年 (1981) 第2工場完成。
昭和57年 (1982) 資本金1,000万円に増資。
昭和59年 (1984) 社員更衣室、会議室を増設。工場敷地内を舗装、融雪装置も設置。
平成 元年 (1989) 上市町広野3132番地に本社工場を移転新築。
平成 2年 (1990) 工場を増設。
不二越の工場整備美化優秀工場に認定。
平成 3年 (1991) ホイールベアリング製造ライン増設。
平成 5年 (1993) STAR運動を展開し改善活動を推進。
平成 6年 (1994) パルサーリング加工開始。(合資会社日下歯車製作所向け)
平成 7年 (1995) 不二越TPM活動開始。
平成 9年 (1997) 工場増設。(762.6m2
不二越TPM賞第2類認定取得。
平成10年 (1998) 創業社長逝去。(3.26 享年91歳)
内山康弘、代表取締役に就任。
平成11年 (1999) ライン化による工場内の設備レイアウト大変更。
平成13年 (2001) 創業70周年にあたり記念誌を発刊。
ISO9001:2000 認証取得に向けキックオフ(12月)
平成14年 (2002) 社員専用駐車場増設。
ISO9001:2000 認証取得(7月)
平成16年 (2004) 工場増設。(312.7m2
平成17年 (2005) ISO14001:1996 認証取得(1月)
平成18年 (2006) ISO14001:2004 移行(2月)
平成22年 (2010) ISO9001:2008 移行(1月)
平成24年 (2012) 内山康弘、取締役会長に就任
内山彰博、代表取締役社長に就任