昭和23年
(1948年)
もちつき機、冷凍機の設計製作を開始
昭和40年
(1965年)
段車式ベルト掛け駆動旋盤で、軸受用レースの旋削を本格的に開始(写真7)
昭和26年
(1951年)
直結旋盤
昭和45年
(1970年)
レース旋削用の自動定寸単能機、油圧単能盤を導入
昭和50年
(1975年)
NCTL−500Bを導入。手作業の旋削からコンピュータ制御によるオートメーション化
が図られる。軸受用レース、油圧機器部品など部品の種類が増える。
昭和57年
(1982年)
TMC−2を導入。四輪部品加工を開始(写真6)
昭和58年
(1983年)
穴明け、タップ、部品加工用のマシニングセンターを導入。
ホイールベアリングの加工開始(写真5)
昭和59年
(1984年)
北陸初のフィンガーローダー付2スピンドルCNC旋盤を導入。
ホイールベアリングの量産に対応(写真4)
昭和63年
(1988年)
ハブベアリングのライン化(写真3)
平成 3年
(1991年)
ガントリーローダー付2スピンドルCNC旋盤(写真2)
平成12年
(2000年)
ガントリーローダー付2スピンドルCNC複合旋盤(写真1)


昭和26年〔1951年〕
段車式ベルト掛け駆動旋盤(写真7)
昭和47年〔1972年〕
油圧式自動定寸単能盤
商号を株式会社に変更した昭和55年以前に使われていたロゴマーク
昭和57年〔1982年〕
TMC−2(写真6)
昭和57年〔1982年〕
NC
NC旋盤による加工部品
昭和58年〔1983年〕
マシニングセンター(写真5)
昭和59年〔1984年〕
荷受け下ろし場
昭和59年〔1984年〕
社員食堂
昭和59年〔1984年〕
昭和60年〔1985年〕 
フィンガーローダー付2スピンドル
CNC旋盤(写真4)
昭和63年〔1988年〕
ハブベアリングのライン化(写真3)
昭和63年〔1988年〕
アウタージョイントライン
平成3年〔1991年〕
ガントリーローダー付2スピンドル
CNC旋盤(写真2)
平成3年〔1991年〕
4軸立形マシニングセンターロボット付
平成4年〔1992年〕
社屋、工場空撮
平成4年〔1992年〕
工場ライン
平成12年〔2000年〕
ガントリーローダー付2スピンドル
CNC複合旋盤(写真1)
超薄型ラジアルベアリング
宇宙ロケットやロボットに使用
自動車ホイールベアリングユニット
重要部品として指定され、
国内外のスポーツカーに広く採用
  ギアベアリングユニット
  クラッチレリーズ
  ダブルコーンシンクロ

   ミッション部品群。特にF1カー用品
   に開発された油圧クラッチレリーズは、
   加工難度の高いベアリングの
   複合化を実現