昭和26年 株式会社不二越の協力工場として 軸受用レースの旋削を開始。
昭和31年 株式会社不二越の協力指定工場となる。
昭和34年 上市町若杉39番地に移転。新工場で 本格的に軸受用レースの旋削あたる。
昭和45年 自動定寸単能機を2台設置、合理化を図る。

飛躍の瞬間−A

昭 和 26年

株式会社不二越の協力工場として

安定した収入を得るために、
      下請け会社へ転身


軸受用レースの旋削作業に精を出す窪田。新町工場にて[昭和31年]

 前年の朝鮮戦争による特需ブームで、日本経済は大きく転回した。特に、鉄道車両や自動車、電動機などの精密工具の需要が急増し、急速に明るい市場が開けてきた。
 中でも、屈指の精密機械工業メーカーとして全国にその名をとどろかせていた不二越は、朝鮮戦争勃発後、工具と軸受の需要急増を受けて量産体制を整備し、北陸3県と新潟に合わせて90社の協力工場を抱えるまでに成長した。不二越の下請け企業はいずれも、次々と舞い込む注文にうれしい悲鳴を上げ、一段と活気を呈していた。
 一方、内山鉄工所は相変わらず、農機具やもちつき機などの一般機械器具の製造を主力としていた。注文が滞ることはなかったが、売り上げの安定にはほど遠く、経営は決して楽ではなかった。
 「時代が求めるものづくりに徹することで、安定した経営が約束されるならば、下請け会社への転向は決して敗北ではない」。会社の将来ビジョンをを考えた内山は、昭和26年、不二越の協力工場として軸受用レースの旋削を始めることを決めた。
 昭和27年になると、日本経済の復興は軌道に乗り、機械工業の分野は生産設備の近代化と合理化に力が注がれるようになった。不二越でも自動二輪車、自動三輪車、搬送コンベア用品などの軸受の需要が増え、それと同時に内山鉄工所も順調に業績を伸ばしていった。
 昭和31年、不二越の協力指定工場となったのを足がかりに、3年後には工場を上市町若杉に移転し、軸受用レースの旋削を本格化していった。



2年遅れの創業30周年記念撮影。社員17人と内山家の人々[昭和38年4月13日]


移転してまもないころの若杉工場[昭和34年]
写真中央は、窪田品証部長(当時18歳)
材料積み下ろしのためフォークリフトを導入。
運転手は内山康弘。若杉工場にて[昭和43年]

建設途中の若杉工場事務所 創業40周年記念の研修旅行で九州へ[昭和46年]


昭和26年 富山の動き
 4月 不二越病院、県に移管され県立中央病院 と
     改称。 高岡産業博覧会を開催
 5月 北陸配電解散し、北陸電力株式会社を設立
10月 日米親善野球富山大会、県営富山球場で 開催


昭和26年 日本と世界の動き
 4月 マッカーサー解任される
 5月 電力再編成、9電力会社発足
 6月 ユネスコとILOが日本の加盟を承認
 9月 サンフランシスコ講和会議で対日平和条約と
     日米安全保障条約が調印